ページの本文へ

2014年度 建築物環境衛生セミナー

・JADCAは 1988年に創設以来毎年建築物環境衛生セミナーと題して室内空気環境に関する啓発活動を一般公開にて実施しています。

・今セミナーでは、「室内空気環境をめぐるリスク管理」をテーマとして、基調講演には、室内空気に影響を及ぼす外部環境について実際にフクシマにて放射能除染を指導しておられる先生にご登壇いただき、除染の現状と課題のほか、PM2.5の問題について言及いただきます。
また、火災被害のみならず一酸化炭素中毒よる人的被害からも厨房排気設備の清掃管理指導に本腰を入れている東京消防庁から講師を招き、火災予防条例の改正等についてお聞きします。
主催のJADCAからは排気設備清掃における作業上のリスクについて説明させていただきます。

・建築物所有者、管理技術者、ビルメンテナンス企業等多くのご参加をお待ちしています。


概要

テーマ 室内空気環境をめぐるリスク管理を考える
開催日時 2014年10月8日(水)13:00開場
会場 ビルメンテナンス会館 B1研修室
荒川区西日暮里5-12-5 TEL:03-3805-7560
対象 建築物所有者、管理技術者、ビルメンテナンス企業、ダクト清掃企業等
主催 一般社団法人日本空調システムクリーニング協会(JADCA)
後援 公益社団法人全国ビルメンテナンス協会(JBMA)
参加費
(消費税込み)
・JADCA会員及び後援団体会員
  1名当たり 参加費:10,000円
・上記以外の参加者
  1名当たり 参加費:12,000円
申込方法 参加申込票(PDF/119KB)pdfFAXでお送り願います。 
・申込時に参加費を銀行振込にてご入金願います。
お振込み確認次第受講票をFAXいたします。
三井住友銀行 田園調布支店 (普通)1343151
一般社団法人日本空調システムクリーニング協会
締切 10月6日(月) 
配布資料 新刊本「ヒヤリハット事故事例集」(2,000円)



プログラム

時刻 演題 講師(敬称略)
13:25 開講  
13:30 「空気環境から考える今後の日本」
  • ・PM2.5は人間にどのような影響があるか
  • ・放射能は今どうなっているのか
東北文化学園大学大学院教授 野崎 淳夫
14:30 「厨房排気ダクトに係る火災予防対策」
  • 1:厨房排気ダクトの現状
  • 2:厨房排気ダクト火災の検証
  • 3:厨房排気ダクトの火災予防対策
東京消防庁予防課 火気電気係消防司令補 辻岡 秀喜
15:45 休憩  
15:55 「ヒヤリハット・事故からみる現場作業」
  • ・何故事故は起こるのか
  • ・ヒヤリハットをそのままにするな
  • ・事故から学ぶ安全作業
JADCA
総務委員長 渡邉 和啓
17:00 閉講  


JADCA事務局 TEL:03-5754-3201
FAX:03-5246-7380
E-mai:info@jadca.jp メールソフトが起動します